ドイツのデュッセルドルフ赴任に帯同して駐在妻になるママブログ

Düsseldorf LIFE

子育てトピックス

名古屋市で医療費控除2016申請したら2万円返ってきた!

投稿日:

名古屋市の医療費控除私は2015年に出産しましたが、無痛(和痛?)出産だったり、グレードの高い個室しかあいてなかったりで、出産一時金をこえる費用がかかってしまいました。

実費、12万円。

さらに、出産前にある定期検診でも母子手帳についている補助券使っても無料にならず、費用がかかってました。

実費、2万円。

さらにさらに、旦那が親知らずを抜くからと一泊二日で入院。

実費、6万円。

さらにさらにさらに、薬局で風邪薬などの常備薬を何度か購入。

実費、1万円。

全部合わせて2015年の医療が我が家では21万円もかかりました。高いっ本当に高いっっっ

 

でもまぁ、医療費だから仕方ないか・・・と思っていたら、先輩ママの姉から1言。

「出産費用含めて医療費が10万円以上したなら、申請するとちょっと返ってくるよー。」

という素敵なアドバイスをもらいました。

 

なんとっ!

 

というわけで、今回は名古屋市在住の私が行った医療費控除の方法を紹介したいと思います!

医療費控除はインターネットでもできますが、素人な私は名古屋市の税務署に行ってきました。
仕事は半日休んで(インターネットなら休む必要なし)しまいましたが、申請するだけで2万円くらい返ってくるらしいので、医療費控除申請はしないと損ですよ!

 

医療費控除は個人集計?それとも世帯集計?

医療費控除は1人の合計ではなく世帯の合計で10万円をこえれば申請できます。

もし一緒に住んでいなくても扶養している人がいればその人の分も対象になります。

1人だとそんなに医療費を使ってなくても、世帯全員分であれば10万円をこえている可能性がとても高いので、ぜひ1度確認してみてください。

医療費控除には何が含まれるの?

医療費控除で申請できるものはいくつかありますが、ざっくり言うと、病院代と薬代、通院や入院のための交通費です。

風邪とかで病院にかかった費用だけでなく、出産費用(実費でかかった費用)も含まれます。
薬代は処方箋で購入した費用はもちろん、スギ薬局やマツモトキヨシなど薬局で購入した風邪薬も含まれます
通院や入院のための交通費はタクシー代や電車代も含まれますが、電車代は領収書がないため別で資料を作る必要があります。

電車代の別資料の作り方は参考サイト(All About確定申告)を参考にすると良いと思います。
ちなみに私は別資料作成が面倒で諦めました。。。

名古屋市で医療費控除2016の申請はどうやってするの?

医療費控除の申請は税務署にいかなくても特設会場で行ったり、インターネットで行ったり、方法はいくつもあります。
私は近くに税務署があったので、初めてということもあり税務署で医療費控除申請(確定申告)することにしました。
共働きの会社員世帯で源泉徴収票があり、税務署まで行ける人はぜひ参考にしてみてくださいね。

■まず用意するものリスト

・医療費の領収書全て
・Excelソフトが入ったパソコン


1.国税庁のWEBサイトからテンプレートをダウンロード

医療費が10万円超えると、医療費の領収書もたくさんですよね。
事前にExcelソフトで医療費の領収書をExcelにまとめましょう。

そこで必要になるのが医療費をまとめるためのExcelテンプレート。
テンプレートは国税庁のWEBサイトからダウンロードできます。

国税庁の確定申告専用ページ
https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tokushu/iryouhikoujo.htm

ちょっと下にある→医療費集計フォームをダウンロードするからテンプレートをダウンロードしましょう。

2.テンプレートを開いて領収書の情報を入力しましょう。

誰がどこで何のために医療費を使ったのかを入力します。
入力の仕方は例を見ながら書きましょう。

3.入力した医療費リストを印刷しましょう。

家に印刷機があればそのまま印刷しましょう。
我が家のように家に印刷機がない場合は近くのコンビニで印刷できます。
USBでデータを持っていっても良いですが、インターネットでデータをアップしてから手ぶらでコンビニに行き、印刷をする方法もあります。

ネットワークプリントサービス(ファミリーマート、ローソン、サークルKなどで利用可能)
https://networkprint.ne.jp/sharp_netprint/top.aspx

4.準備したものを持ってを税務署に行きましょう。

■税務署に持っていくものリスト

・医療費の領収書全て
・2016年の源泉徴収票(返金が高くなるので世帯内で最も年収が高い人のを用意)
・Excelで作った医療費リスト
・ペン
・印鑑

税務署につくと確定申告の時期は案内してくれる人が待ち構えています。
その人に「会社員世帯で医療費控除の申請したいんですけど…」というと、専用の用紙を渡してくれます。

5.源泉徴収票の情報をもとに確定申告用紙に記入しましょう。

わかりやすい記入の仕方説明書をもらえるので、書いてある通りに記入しましょう。
数か所計算する場所があるのでスマートフォンの計算機機能が便利です。
そのまま書くだけなので、15分もあれば入力できます。

もし住宅ローン控除をうけている場合は、24番の枠に源泉徴収票に書いてる金額を入力しましょう。
そうしないと医療費控除でもらえる金額がマイナスになっておかしなことになってしまいます。
私はここで15分くらい悩みました。。。

6.記入した用紙と必要な書類を申請箱に入れて完了!

確定申告の用紙とExcelで作った医療費リスト、専用袋に入れた医療費の領収書、源泉徴収票をまとめて申請箱に入れれば医療費控除の申請は終了です。
もし申請控えに申請日の印鑑がほしい場合は係の人にお願いすればもらえます。

後は約1ヶ月後に指定の口座にお金が振り込まれるのを待つばかりです♪
結構簡単ですし、もらえるお金なので、面倒がらずにぜひ申請してくださいね。

-子育てトピックス

Copyright© Düsseldorf LIFE , 2019 All Rights Reserved.