名古屋在住2児のママ。海外赴任でドイツ帯同予定のなごやんブログです。

NAGOYAN BLOG

子育てトピックス

トリプルマーカー検査から羊水検査へ

投稿日:

妊娠中っていろいろあるけど、私と同じようにトリプルマーカーと羊水検査をしようとしている人の参考になればと思って、羊水検査の費用や流れがわかる実体験を書いてみる。

私の通っている産婦人科では任意で血清マーカー(トリプルマーカー)の検査を受けられるという案内があった。
30歳すぎて初めての妊娠だし、受けれるものは受けておいた方が良いかな?と軽い気持ちで血清マーカー(トリプルマーカー)を受けてみた。

結果が出るまで1週間。
次の検診は4週間後だけど、その時に結果をもらえば良いかなと思っていた。

そしたら・・・血清マーカー(トリプルマーカー)検査を受けて6日ほど経った日に、産婦人科から電話がきた。
母親学級とかの案内かな?と軽い気持ちで電話に応えていたけど、看護師さんの声のトーンがいつもより低い。

話を聞いてみると・・・

「トリプルマーカーの検査結果が良くないので、病院にこれませんか?」

ん?どしたんだろ??

とりあえず、まだ仕事中なので明日の朝一で病院に行きますとだけ伝えて電話を切ってしまった。

電話を切った後、え?どういうこと?ダウン症?なんで?なんで私??という思いでいっぱいになった。
仕事中だったけど良くないことしか考えられなくて、仕事が手につかない。涙ばっかり溢れてくる。
その時はどうして良いかわからなかった・・・

そして次の日、病院で先生から結果を受け取った。

30歳の平均は、1/700
700人に1人という確率。

私の結果は・・・1/74
74人に1人。平均の約10倍、確率が高い。

174

先生や看護師さんが色々と説明してくれた。

「これは確率だから、あなたが73人に入るか、1人に入るかわからない。」

「確かに確率は高いけれど、平均でも1/700だから0じゃない。」

いろいろ説明されたけど、頭に入らなった。
はい、はいって聞いてるけど、全然頭に入らなかった。

最後に先生は「もし調べたいというなら、羊水検査を受けて調べることができる。うちでは行ってないから羊水検査を行っている名古屋市立大学病院への紹介状をかくけど、どうする?」と聞いてくれた。

昨日の夜、旦那と話合って羊水検査を受けようと決めていた。
知らないより、知っていた方が良い。
だから受けようって。

病院を出てすぐ、名古屋市立病院に行って羊水検査をしに行った。

しかし、名古屋市立病院は毎週木曜日の午後しか羊水検査を行ってないらしく、その日は予約だけとって帰宅することになった。

羊水検査当日

羊水検査を受ける人は多い日は20人。少ない日は4人と日によって違うらしい。
検査は受付順に行われて、1人10分くらい。

私の時は8組みくらいで、夫婦で来ている人が多い。

ドキドキしながら待っていたら、40分くらいで順番がきた。

細い長い注射針をお腹から刺して羊水をとるらしい。
痛いのかな?と思ったら予想外に全然痛くなかった・・・よかった・・・

その後15分、待合室で安静にして、その日は終了した。

羊水検査の費用は6万円弱。

結果は2週間後。
結果に何か異常があれば名古屋市立病院から電話がくる。
正常ならいつもの産婦人科に結果が送付されて、産婦人科で結果を聞くことになるらしい。

この2週間は本当にしんどかった・・・

検査結果判明

羊水検査を受けてから2週間。
名古屋市立病院から電話がかかってこないことをずっと祈ってた。

電話はこなかった。

ちょっと安心して、産婦人科に電話をしてみた。
そしたら、結果は届いていないって言われて、また不安になった。

いてもたってもいられず名古屋市立病院に電話をした。

そしたら、まだ検査結果がでていないって言われた・・・

2週間電話なければ大丈夫って言ってたのに。
不安がもっと大きくなった。

いつ結果がでるのか、結果はどうなのかは教えてくれないとのこと。

どんどん不安になっていった・・・
結果がわかるまでの数日間は毎日泣いて、旦那に大丈夫!って元気づけられて・・・

しんどい。しんどい。って思っていたら、
羊水検査から2週間と2日後、産婦人科から電話があった。

結果が届きました。って。
すぐ病院に行って、先生が教えてくれた。

正常ですよ。って。

涙があふれた・・・

これは私の実体験。

病院や受ける時期によって検査の流れや費用、対応は違うと思う。
でも、これから羊水検査を受けようか迷っている人は少しでも情報がほしいと思って、インターネットで検索していると思う。
実際、私がそうだったから。

だから、少しでも私の実体験が参考になればと思って書いてみました。

元気な赤ちゃんが生まれますように…

-子育てトピックス

Copyright© NAGOYAN BLOG , 2019 All Rights Reserved.